EXCEL Powerpoint WORD パソコン

Office2013退職者から新入社員にライセンスを付け替える

投稿日:2020年1月4日 更新日:

Offie2013のメインサポートは2018年4月10日で切れてしまっていますが、 延長サポートは2023年4月11日まで。まだまだ使えますから、 退職してしまったスタッフ(退職者A)のライセンスを新しいスタッフ (新入社員B)に付け替えて使用したい。

その方法をご紹介します。 ※退職者A、新入社員Bのそれぞれに会社のメールアドレスを取得し、 そのアドレスがMicrosoftアカウントとして登録して使用する場合の方法です。

 

退職者Aから新入社員Bにライセンスする流れ。

退職者Aでサインインし(退職者Aに対してセキュリティコードが送られ、本人確認される)、Microsoftにサインインする方法を管理で新入社員Bのメールアドレスを追加する。

新入社員Bのメールアドレスをライセンスのメインにするために、プライマリにする。
新入社員Bに本人確認+退職者Aとの関連があるかを確認されるため、届いたアドレスから、退職者Aでログインする。
↓ 
新入社員Bと退職者Aとの関連が確認されたので、再度、プライマリとして設定する。

プライマリにするための最終確認メールが、新入社員Bに届く

完了  ・退職者Aの削除、ライセンス情報を最新のものに書き換え

 

 

 

①退職者Aでマイクロソフトにログインします。https://aka.ms/msar

 「あなたの情報」をクリック

 

 

②Microsoftにサインインする方法を管理をクリック

 

 

③本人確認のために、退職者Aにメールが送信されます。

 

 

④セキュリティコードが送られてくるので、6桁のコードを入力します。

 

 

⑤パスワードから自由になる は、今は使用しないので、キャンセルをします。

 

 

⑥退職者Aのサインインする方法に、新入社員Bのメールを追加します。

 新入社員Bのメールアドレスを追加し、「エイリアスの追加」をクリック

 

 

 

⑦先ほど追加した新入社員Bのメールアドレスのところに、「プライマリにする」と表示されるので、プライマリをクリックする

 

 

⑧新入社員Bをエイリアスとして追加するための確認メールが、新入社員Bのメールアドレスに届くので、エイリアスとしてこのメールアドレスが追加された場合は、このリンクを使って確認してください。をクリック。

 

ここがポイント!

⑨新入社員Bにきたリンクをクリックし、退職者Aのアドレスでログインしてください。

 

 

⑩退職者Aでログインすると、本人確認のためにメールが送信されます。(何回もしつこいですよね)

 

⑪新入社員Bをプライマリにする

⑦でもプライマリにしましたよね?何回もしつこく作業されるので、これであってるのか不安になりますが、⑦はエイリアスとして使えるようになるための準備です。

 

⑫新入社員Bをプライマリエイリアスとするための確認メールが新入社員Bのメールアドレスに届きます。

 

 

これでやっと、新入社員Bのアドレスが、退職者Aのライセンスとして使用できるようになりました。

 

退職者Aのアドレスが不必要になる場合は、退職者Aは削除しましょう。

 

 

最後に、名前の書き換えをして、完全にライセンスの付け替え作業が終了です。

 

何度も似たような作業が続きますし、どちらでログインしたらいいか分からなくなってきたので手順をまとめました。参考になればと思います。

 

 

 

  • この記事を書いた人

晴花

関東在住の40代。20年以上事務職として勤務。パソコンで困ったこと、資料作成で役に立ったことを書いてみました。いつか痩せたい!が、ゆるくダイエットに取り組む。占星術を勉強中。アロマ、サプリ好き。

-EXCEL, Powerpoint, WORD, パソコン

Copyright© 宇宙とパソコンに感謝 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.