体験記

今、絶望をあじわっている

投稿日:

今、絶望をあじわっている

 

この数年、何の変化もなくただ会社と家の往復。休日は家の掃除、後はずっと寝てる。

買い物をしても満足感はなく、おしゃれをしても虚無感があるだけ。

資格勉強をしてみたり遠出の旅行をしたりしても、一次的に気持ちがよくなるだけで、

何か自分の中で納得する爽快感というか、エネルギーにはならない。

 

たぶん、ずっと働きたくない職場にいたからだと思う。

自分を犠牲にしてきたわけでもないし、我慢ばかりをして、どうせ自分なんて。。。なんて

卑屈になったりもしてこなかったけど、ただただ魂が喜ぶような仕事というものはしてこなかった。

それに、その魂が求める仕事というのも全然わかりません。

 

 

常に意識し追い求めて、内観をしたりマインドフルネス的なことに鍛錬してきたのですが、

本で読むように簡単には人生の転換期は訪れてきてはくれません。

 

変化や転機を求めるあまり自分の人生がとても退屈な気がして、生きてるだけで幸せ。

という感覚が薄れてしまったように思います。

 

次に来る新しい風の時代。風の時代が来るのは絶対で、その変化はびっくりするぐらい目に見えて、

かつ体感できるぐらいの大変化です。否応なしに世界全体が変化し、社会も変化しているのでだから、

一個人も変化しないわけはない。とここ数か月、思っていました。

 

とにもかくにも、変わりたい!と願っていたのはこの私なので。

待ってました!一番先にお願いします!って空に向かってオーダーしていたのですが。。。

 

自分自身の中にはまだ転機は訪れてしません。そのことに絶望してしまっているのです。

 

 

務めている会社もこの1か月ほどで、かなりの変化がありました。

風の時代だし、当然だな。やっぱりそうなるんだぁ。と予想の範囲内での奇跡的なお知らせはありました。

と同時に何で自分じゃないんだという、がっかり感、怒りが込み上げてきました。

 

そのあとに絶望感。。。冥王星が水瓶座に入るのは2023年。それまで後3年。

3年後、今とは別世界になっていることは確実です。

 

そのときには私も変わっていることは絶対なのですが、あと3年が待てない・・・。

正確には2年半。今年(2020年)の前半は記憶がないぐらい、あっという間に過ぎていきました。

 

8月以降は平年通りの時間の流れのように感じますが、前半は土星が先に水瓶座に入ったからか、

スピードの変化にかなりびっくりした記憶があります。

 

2021年、土星が水瓶座に入ります。

 

2021年にはふたたび、そのスピードを感じる出来事が起こるのではないかと期待しています。

 

あと3か月。もうちょっと頑張るか!

  • この記事を書いた人

晴花

20年以上事務職として勤務。パソコンで困ったこと、資料作成で役に立ったことを書いています。韓国ドラマ、韓国料理が大好き。占星術を勉強中。

-体験記

Copyright© 宇宙とパソコンに感謝 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.