EXCEL パソコン

【Excel2016】データの最大行、最大列を一発で範囲選択

投稿日:2020年1月29日 更新日:

Excelの操作で、これを知っていれば作業の時間短縮、残業時間の短縮になるかもしれません。
Excelの操作の中で、よく使うのはデータの範囲選択。コピーや関数も範囲指定しなげれば何も始まりません。
データの行の最大行、列の最大列がどこまでかを知ることができたり、簡単にデータの全体を範囲選択する方法をご紹介します。

クリックしながらマウスをズルズルするのは、手にも負担で、時間もかかります。

そこで行の最大行を選択するには、先頭のセルをクリックして、 

Ctrl    Shiftキーワード    矢印下

CtrlキーとShiftキーの両方を押しながら、下矢印キーをクリック。

下矢印

 

 

わずか1、2秒で最終行まで選択できました。マウスで選択すると数十秒はかかってしまいますよね?

次に最大列まで選択する方法。

 

Ctrlきー    シフトキー    右矢印キー

CtrlキーとShiftキーの両方を押しながら、右矢印キーをクリック。

横矢印

 

こちらもわずか1、2秒で選択できました。行と列を別々に操作方法をお伝えしましたが、

最大行、最大列を一発で選択するには、組み合わせをして、

 

 

コントロールキーシフトキー下キー右キー

 

この4つのボタンをサササッと打つだけでデータの範囲選択することができます。

 

 

  • この記事を書いた人

晴花

20年以上事務職として勤務。パソコンで困ったこと、資料作成で役に立ったことを書いてみました。いつか痩せたい!が、ゆるくダイエットに取り組む。占星術を勉強中。アロマ、サプリ好き。

-EXCEL, パソコン

Copyright© 宇宙とパソコンに感謝 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.