EXCEL パソコン

【Excel】方眼紙として使ってみる

投稿日:2019年2月10日 更新日:

Excelのセルを方眼紙として使うことで、部屋のレイアウト変更などに役立ちます。

セルのサイズを正方形にします。

A1近くの赤い四角のところをクリックしとシート全体を選択します。

  

A列とB列の間にカーソルをあて、30ピクセルになるまで幅を狭めます。 

行の高さの初期値は30ピクセルです。

セルが30ピクセルの正方形が作れました。

 

たとえば、縦が85cm、横が40cmの家具を配置するとします。

1セルが5㎠としたとき、85÷5=17、40÷5=8なので 

A1~F18を選択します。

 

罫線から太い外枠をクリックします。

同様に家具を配置していきます。部屋をイメージしながら作っていきます。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

晴花

関東在住の40代。20年以上事務職として勤務。パソコンで困ったこと、資料作成で役に立ったことを書いてみました。いつか痩せたい!が、ゆるくダイエットに取り組む。占星術を勉強中。アロマ、サプリ好き。

-EXCEL, パソコン

Copyright© 宇宙とパソコンに感謝 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.