Notice: spl_autoload_register(): Argument #2 ($do_throw) has been ignored, spl_autoload_register() will always throw in /home/housearth/2housearth.work/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/MchLibAutoloader.php on line 53

Notice: spl_autoload_register(): Argument #2 ($do_throw) has been ignored, spl_autoload_register() will always throw in /home/housearth/2housearth.work/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/engine/RequestHandler.php on line 84

Notice: spl_autoload_register(): Argument #2 ($do_throw) has been ignored, spl_autoload_register() will always throw in /home/housearth/2housearth.work/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/engine/Controllers/ModulesController.php on line 104
フリーソフト - 宇宙とパソコンに感謝

フリーソフト

no image

パソコン フリーソフト

【Zoom】Zoomクラウド記録で保存した動画をエンコードするのに最適なソフトは?

2021/2/19  

前回、【Zoom】Zoomのクラウド記録・ローカル記録した動画のファイルサイズの計算方法をご紹介しました。 今回は動画ファイルを編集してmp4で出力するには、どのような設定で書き出せばいいかをご紹介したいと思います。   1.動画を適切なサイズでエンコード(アウトプット)するにはビットレートが重要。ビットレートとは? 動画ソフトを使って編集してエンコード(アウトプット)したら、元のファイルサイズの10倍以上になってしまった!という方はいらっしゃいませんか? 私も動画の仕組みや設定がよくわからないうちは、アプリ内にある数字は大きければ大きいほど、画質のきれいな動画ができると思ってました。 アプリ内に「ビットレート」という項目があると思います。 推奨されている値は3,000Kbps~15,000Kbpsぐらいだと思いますが、この意味を知っていないと私のようにとんでもない大きさの動画が出来上がってしまうことになるかも知れません。 それでは、今回のメインテーマになります「ビットレートと動画サイズ」について、ご紹介していきます。 ビットレートとは・・・ ビットレート(bitrate)とは、動画1秒あたりのデータ量を表します。単位はbps(Bit per second)です。 ビットレートの値が大きければ大きいほど、1秒あたりのデータ量は大きくなります。 ここで注意していただきたいのが、1,000Kbpsの場合、1秒間に1,000KB(1MB)のデータを送信できるというわけではありません。 単位はbitなので1,000Kbpsの場合1,000Kbps÷8bitで、1秒あたり125KBのデータ量を送信します。 ビットレートには、映像ビットレートと音声ビットレートがあります。この2つを合計したものが総ビットレートと呼ばれます。   参考 8bitで1B(バイト)、1,024Bで1KB(キロバイト)になります。 ビットとかバイトとか、もうややこしい!頭痛い!ですが、もう少しだけ我慢してください。 映像ビットレート換算 1,000Kbps:125KB/秒 2,000Kbps:250KB/秒 3,000Kbps:375KB/秒 4,000Kbps:500KB/秒 5,000Kbps:625KB/秒 6,000Kbps:750KB/秒 7,000Kbps:875KB/秒 8,000Kbps:1,000KB/秒 10,000Kbps:1,250KB/秒=1.2MB(メガ)/秒     2.動画のファイルサイズの計算方法 動画のファイルサイズ(MB)は、動画の長さ(秒) × 総ビットレート ÷8 ÷1,024 でだいたいのサイズを算出することができます。 総ビットレートが大きいと、それだけ動画のファイルサイズが大きくなります。ということはアップロードやダウンロードの際に時間がかかるということになります。 動画の長さ(時間)が決まると、ビットレートをどれぐらいにするかによって、動画のファイルサイズを予想することができます。 Zoomのミーティングやウェビナーで記録された動画のビットレートはどれぐらいでしょうか? 決められたビットレートがあるわけではないようですが、だいたい150Kbps~450Kbpsで保存されているように思います。 ※Zoomの場合、オンタイムの1対1ビデオ通話、グループビデオ、画面共有、パネリスト、参加者かによって保存されているビットレートは異なります。   3.2つアプリを使ってZoomミーティング・ウェビナーで撮影した動画のエンコードしてみる   前回紹介した動画を使い、2つのアプリでエンコードしたときの差をみてみたいと思います。 アプリ1.Shotcut  アプリ2.Filmore9 元の動画ファイルの情報 <ファイルサイズ> 164MB <ビデオ> 長さ:43分15秒 フレーム幅:1920 フレーム高:1080 データ速度:306kbps 総ビットレート:522kbps フレーム率:25.00フレーム/秒 <オーディオ> ビットレート:215kbps チャンネル:2(ステレオ) オーディオサンプルレート:48.000kHz     アプリ1.Shotcut Shotcutについて書いた記事はこちらから。 Shotcutの場合、ビットレートは64kbps/128kbps/256kbps/512kbps/768kbps/1000kbps/1200kbps/1500kbps/2000kbps/2500kbpsから選択できます。 元のビットレート以上の値にセットても、画質が良くなるわけではないので、元のビットレートを参考に値をセットしましょう。 Shotcutのエンコード方法 ①書き出しをクリック。 ②一覧から、「H.264 Main Profile」を選択。 ③映像タブから、解像度、アスペクト比、フレーム/秒 をセットします。 ④コーデックタブをクリックします。 ⑤コーデックはそのまま「libx264」 ⑥レートコントロール「固定ビットレート」 ⑦ビットレート「512k」b/s ⑧バッファサイズ「150000」 すべての設定内容を入力したら、「ファイルの書き出し」から、エンコードしてみましょう!     出力後のファイルサイズ <ファイルサイズ> 164MB → 202MB <ビデオ> データ速度:306kbps → 439kbps 総ビットレート:522kbps → 650kbps 固定ビットレート512kbpsにしてエンコードしたので、ファイルサイズは少し大きくなってしまいましたが、256kbpsでエンコードするのは抵抗があるので、 このサイズであれば、全然許容範囲だと思います。   アプリ2.Filmore9 比較的安価で、操作がしやすく、操作マニュアルが動画で提供されている有料アプリです。 Filmore9のエンコード方法 ①出力メニュー ②デバイスに出力 エンコーダ:H.264 解像度:1280×720 フレームレート:23.97fps ビットレート:1000kbps これ以上小さいサイズで出力することはできませんでした。   ...

no image

パソコン フリーソフト 動画関係

【Zoom】Zoomのクラウド記録・ローカル記録した動画のファイルサイズの計算方法

2021/1/25  

セミナーやスタッフ向けの勉強会の資料をZoomのクラウド記録や、ローカル録画機能を利用してクラウドやパソコンに保存する機会が多くなってきていると思います。 録画した動画の不要なところをカットしたり、少し編集したいなどの要望もあると思います。動画編集ソフトを使って作業をする前に Zoomのクラウド保存された動画はどのような設定でアウトプット(保存)されているのか、確認したいと思います。 動画ファイルのサイズの計算方法は、以下で求められます。用語は文章内で説明していきます。 動画データのファイルサイズ計算方法 ファイルサイズ(MB)= ビットレート(総ビットレート) × 再生時間(秒) ÷ 8(キロバイトにするため) ÷ 1024(メガバイトにするため)   Zoomのクラウド記録機能で撮影したファイルのプロパティを確認したいと思います。 この動画ファイルは43分15秒の動画で164MBでした。この分数でこのサイズは動画ファイルとしてはとても小さいと言えます。 適切なサイズで加工・編集しないとめちゃくかデカいサイズの動画が出来上がってしまうことがあります。ファイルサイズが大きいからと言って、必ずしも画質がきれい、音声が良くなるというわけではありません。 <ファイルサイズ> 164MB <ビデオ> 長さ:43分15秒 フレーム幅:1920 フレーム高:1080 データ速度:306kbps 総ビットレート:522kbps フレーム率:25.00フレーム/秒 <オーディオ> ビットレート:215kbps チャンネル:2(ステレオ) オーディオサンプルレート:48.000kHz     プロパティの説明 【フレーム幅・フレーム高】 動画のフレームのサイズ。撮影する媒体によって異なる。セミナーなど動きの少ない動画の解像度は1280x720でも十分だと思います。 大きいサイズ撮影しておいて出力(エンコード)するときにサイズを小さくすることも可能ですので、1920x1080で撮っておいた方が無難だと思います。 1920 x 1080 (pixel):1080p  FHD(フルHD) 1280 x 720 (pixel):720p HD 【データ速度(ビットレート)kbps】 bpsは"Bit per second"の略で、1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。 1,000bps=1Kbps(キロビーピーエス)、8bit=1Byte(バイト)なので、この動画でいうと「306Kbps」は1秒間に約38KBの通信で配信したことになります。 【総ビットレート】 データ速度(ビットレート)とオーディオビットレートを足したもの。1秒間のデータ量。このプロパティでいうと、306+215=521 約522kbps 【フレーム率 fps】 fpsは"frames per second"の略で、1秒間に何数の静止画を使って記録するかを表したものです。  Zoomは25fpsに設定されています。あまり動きのない動画の場合は、出力するときにこの値をもっと下げてもいいと思います。 (参考:テレビ番組は30fps、映画など自然な動きを表現したい場合は24fps ) ※Zoomは、PCの負荷、回線状況によって25fps →24fps→15fpsとフレームレートを変化させながら、通信が止まることを避けてくれているそうです。 最初の公式に当てはめると、 522ビットレート × 2595秒 ÷8 ÷1024 =  約165MB  計算した結果は、動画ファイルのプロパティとほぼ同じサイズになりました。 プロパティの数字の意味するサイズを理解してもらうと、どのようなサイズで出力されるか分かるようになります。 セミナー動画の最初と最後や休憩部分をカットしてYoutubeにアップしたい、データとして保存しておきたい場合、 どのような設定で出力(エンコード)していけばいいか、次ページでソフト数種類を使ってみていくことにします。(予定)     参考 <YouTube         通信速度の目安(下り)> HD 1080p :        5Mbps HD 720p :          2.5Mbps = 312KB SD 480p :           1.1Mbps SD 360p :           0.7Mbps   <解像度    ビットレートの目安> 360p:350Kbps~510Kbps 480p:460Kbps~700Kbps 720p:700Kbps~1500Kbps = 85KB~183KB 1080p    ...

no image

フリーソフト 動画関係

【Shotcut】超優秀!これさえあれば簡単な動画編集できる!インストール方法

2021/1/25  

アプリの操作説明にパソコンの画面を録画して、動画マニュアルを作成したり、 Zoomのミーティングやウェビナーのクラウド録画した動画ファイルを利用したり、動画を編集する機会が年々増えてきました。 動画を編集するには、動画編集ソフトが必要になります。 Appleの場合は、imovieという高性能なアプリが無料で使用できますが、 Windowsの場合、無料かつ高性能なソフトは標準で用意されていません。 誰でもわかるような簡単なソフトが欲しいが、どのようなソフトを購入すれば分からない。という方は多いと思います。 動画の設定や動画の仕組みを知らない状態で、有料ソフトを買うのはハードルが高いので、まずは無料ソフトで試してみて、自分はどのような編集がしたいのか?自分がやりたい目的を明確にしてからソフトを選ぶ方が失敗がないかなと思います。 無料ソフト(フリーソフト)を探すのも結構な動力ですし、試しても使えない、インストールするだけで、気が付いたら結構な時間を費やしてしまっていた。という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、私が動画編集のフリーソフトを試した中で、機能的に一番良かった「Shotcut」というソフトのインストール方法をご紹介したいと思います。 有料ソフトと違って、おしゃれなテロップが簡単に動画に入れられたり、著作権フリーな音楽が用意されてはないのですが、動画のカット、ズームイン、倍速再生など一般的に求められる機能は十分にあります。 あと個人的に一番重要なのが、出力(エンコード)作業。この作業がフリーソフトだと数分だけ、とかロゴの透かしが入ってしまうとか、うまくいかないことが多いのですが、Shotcutでは出力(エンコード)作業が簡単で、出力制限時間もありません。 Shotcutは、こちらよりダウンロードしてください。 Shotcut  https://shotcut.org/ 画像上の「Click to Download」をクリック   「Windows installer」をクリックし、ファイルをダウンロードします。 インストールファイルがダウンロードできましたら、ダイアログの手順にしたがってインストール作業をしてください。 すべて初期値のままで大丈夫です。 インストールできましたら、ソフトを起動してみましょう。   ちょっととっつきにくい感じがしますよね? 私はこの最初の画面を見て、自分にはできないだろうな、と直感で思いましたが、どのようなソフトも慣れです。 必要にせまられて何とか頑張りながら覚えていくことだと思います。 ちょっと使いにくそうと思った方も、頑張ってみてください。大丈夫です! 主に使用する機能のご紹介をいつかしたいと思うのですが、操作方法はYoutubeで探して実際の動作を確認しながら行う方が一番わかりやすいです。 Shotcutの説明でおすすめのYoutubeは、eちゃんねる 2ndさんの動画です。ぜひ参考にしてみてください! https://www.youtube.com/channel/UCLt0juaqpSim2PhHHWQSjSg     日本語化 通常プログラムを起動すると日本語化されていると思います。もし何等かの原因で英語で表示されてしまった場合は、 メニューからSettings/Languageを選択し、[Japanese]をクリックします。

no image

フリーソフト

【PDF】別フォルダにあるPDFファイル同士を連結したい・同時にパスワードも付与したい

2020/11/26  

internal_server_error <![CDATA[WordPress &rsaquo; Error]]> 500