体験記

丹田に力を入れると幸せになる

投稿日:2019年5月14日 更新日:

期待をすることと、丹田に力が入っていないことは似ている気がする。
私はこんなにガンバッているんだから、自分を抑えているんだから
いつか救ってもらえる、いつか良いことが奇跡が起こるって、
いつも期待と夢見心地でいると、おなかには力が入らない。

丹田に力が入ると自然と姿勢もよくなるし、見えないものに
期待をすることなく、自ら動こうとしたり、前に進むことを自然を考えられるようになる。

いつまでも腹をくくらずに、周りに、神に期待ばかりしていると
頭の中は、愚痴や不満、自分だけが苦しいと考えがちになる。

今は苦しみの中にいて、どうしようもないとき、
頭の中にいる自分がいろいろと自分を責めてきて、自信がないとき、
少しでいいから、ちょっとの力でもいいから、おなかに力をこめてみよう。

おなかに力を入れて、期待をこめて、幸せになりたい自分を認めてあげよう。

  • この記事を書いた人

晴花

関東在住の40代。20年以上事務職として勤務。パソコンで困ったこと、資料作成で役に立ったことを書いてみました。いつか痩せたい!が、ゆるくダイエットに取り組む。占星術を勉強中。アロマ、サプリ好き。

-体験記

Copyright© 宇宙とパソコンに感謝 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.